住宅ローン金利、最低続々 審査短縮などで競う:日本経済新聞

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

長期金利の低下傾向から、住宅ローン金利は過去最低レベルまで下がり、今後も当面この傾向が続きそうです。

銀行間の競争から、金利以外の面での顧客サービスも充実してきています。

借入金利面から見ると、不動産購入やローン借り換えにはメリットがあることになります。

不動産業者や一つの銀行のアドバイスにとらわれず、広く情報を集めて比較することがポイントです。

 

住宅ローン借り換え 皆はどうしている?

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅金融支援機構の調べでは、借り換えた理由は「金利が低くなるから」「返済額が少なくなるから」が大多数を占めています。

金利は固定金利より変動金利を選択する人が多いのは、借換理由からも当然と言えるでしょう。

借り換えをする時期は、住宅ローンを借り入れ5~10年後が最も多くなっています。

借り換え前後の金利差は0.5~1.0%が最も多いですが、0.3~0.5%で借り換えしている方も多いです。

返済期間満了までの長期的視野に立って、返済計画を組むことが重要です。

 

学校で教えたほうがいいと思うこと

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

「学校で教えられてないけど、教えたほうがいいと思うことはある?」の回答に税金とファイナンスが多いですが、日本でも正にその通りです。

将来、どのような仕事をして、生活をしても必要最低限の税金とファイナンスの知識は必要です。

住宅ローンを使って自宅を購入された人も、不動産会社や銀行の言われるがまま、大量の書類に署名して実印を押印し、印鑑証明書を添えています。

この作業は契約書類の内容を全て理解したうえで了解したことを、法律的に認めた作業です。

不動産売買の重要事項説明書や売買契約書、住宅ローンの金銭消費貸借契約書や連帯保証人申請書等々、それを結ぶことにより将来にわたってどのような影響でるか、本当に理解している人がどれだけいるでしょう。

何も問題が発生しなければ、実は大きな問題ではありません。

買った家に不具合が見つかった時、住宅ローンの返済が困難になったとき、問題が発生した時に必要になってくるのがこれらの書類です。

契約を結ぶときは、分からないことは分からないと相手方に伝える事がとても大事です。

相手はプロですから、一般の人が理解できるように説明する義務があります。

そのためにも、高校生ぐらいの時に、誰もが必要になるであろう、税金とファイナンスの知識は教えたほうが良いでしょうね。

老いに克つ(5)「次世代シニア」1500万人 失業の備え、40代から

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

2025年にシニア世代の大量失業時代が来る可能性があるとのこと。
1967~74年生まれの40歳代は1500万人で、60歳代になると、働きたいのに職がない人が相当増えるそうです。
会社にしがみつくつもりでも、いらないと言われたり、待遇が希望と伴わなければ自分で解決するしかありません。
60歳前後はまだまだお金がかかります。
住宅ローン返済が終わらない人も多いですし、子供の学費や自分の老後資金など、収入が途切れるわけには行きません。
準備は早いに越したことはありません

睡眠6時間以下の人は死亡率が2.4倍に

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

睡眠不足は免疫力を下げ、寿命を縮めるそうです。

特に40~50歳代は最も睡眠時間が短く、7時間を切っているとのこと。

でもこの年齢は仕事・家庭・お金のことなど、やることや考えることがいっぱいで、どうも熟睡した満足感が乏しいです。

いろんなストレスがなくなれば良いんでしょうけど、そういう訳にもいかないですね。

必読!住宅ローン控除適用のケーススタディ

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンを利用して住宅を購入、新築をしたとき、一定の要件を満たせば入居した年から10年間にわたり、所得税の還付を受けることができます。

住宅ローン控除の期間中に、借り換え、繰り延べ等を行った場合は注意が必要です。

一般的に借り換えを行い、新たな住宅ローンの返済期間が10年超であれば適用されます。

期間短縮型の繰り上げ返済を行い、返済期間が10年未満になれば適用を受けることはできません。

“ボーナスで繰り上げ返済”はトクなのか? 「FPが指南! 冬のボーナスの使い道(1)」

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

ボーナスを使って、住宅ローンの繰り上げ返済を検討している方は多いと思います。

繰り上げ返済を行えば、返済期間を短縮したり、毎月返済額を減らすことが可能です。

特に最近は老後の不安に関するニュースも多く、積極的に繰り上げ返済を行っている方も多いです。

ただし、繰り上げ返済は手元の現金や預貯金が無くなることであることに注意が必要です。

30~40歳代は子供の教育費がかさむ時期と重なります。

また、万一病気やケガになった場合や、親の介護が必要になった場合に、頼りになるのは現金です。

繰り上げ返済に一生懸命になるあまり、生活に重圧をかけるようになれば精神的に負担になります。

返済額軽減型の繰り上げ返済を検討したり、そもそも今、その金額での繰り上げ返済が必要かどうか、一考してみることも大事です。

司法書士業務「不動産登記」とは(サンプル画像付き)

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンの借り換えや、返済できなくなり任意売却を行う場合は、不動産登記の変更手続きを伴います。

住宅ローンを借りると、不動産登記の「権利部(乙区)(所有権以外の権利に関する事項)」欄に、債権額(借入額)、債務者(お金を借りた人)、抵当権者(借入した銀行・住宅金融支援機構等)が明記されています。

住宅ローンの借り換えをすると、借りていた銀行の抵当権が抹消され、新たに借り換えた銀行の抵当権が設定されます。

売却を行うと所有権の移転登記とともに、借りていた銀行の抵当権が抹消されます。

これら登記手続きには登録免許税という税金がかかり、また手続きを依頼する司法書士への報酬が必要になります。

なお「抵当権」とは万一住宅ローンの支払を怠った時、裁判所へ競売を申し立てることができる権利です。

不動産登記は公開されている情報です。誰でも、どこの不動産でも自由に法務局で情報を得ることができます。

今はインターネットで不動産登記情報を得ることも可能です。(登記情報提供サービスのリンク)

「住むなら新築」が7割超=中古住宅流通に課題-内閣府調査

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

新築がよい理由は「間取りやデザインが自由に選べる」「全てが新しくて気持ちいい」が6割を超えています。

中古を敬遠する理由は「人が住んでいた後には住みたくない」「耐震性や断熱性など品質に不安がある」とのこと。

「品質に不安がある」については、最近発覚した新築マンション杭打ち偽装事件の影響から、良質な中古物件の方がむしろ安心との意見も出てきています。

完成物件を体感して購入できるのは中古物件の大きなメリットです。

何が何でも新築物件のこだわりから、一度離れてみるのも良いかもしれません。