10月から「火災保険」はこう変わった 契約時の注意点は?

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

持家を所有すると、住宅ローンの他に固定資産税やマンション管理費等の支払いもかかります。

各種保険料もその一つ。団体信用生命保険は必須ですが、火災保険も必ず加入すべきでしょう。

判断が別れるのは地震保険です。

関西はいつ大地震が来てもおかしくないと言われています。一戸建は加入すべきでしょう。

分譲マンションの場合、耐震・免震性に優れていること、万一倒壊した場合の再建築は容易に進まないことから、必須とまでは言えず、保険料負担を許すのであれば加入の考えで良いと思います。

但し家財を対象とした地震保険には、加入をお勧めします。

「高齢者の貧困率9割」時代へ 老後は誰しも転落の淵を歩く

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

人生で最も費用を要するのが住居費、つまり住宅ローンです。

ローンの支払いが定年もしくは働けるまでに終わらない人は多いです。また払い終わっても老後の蓄えまで手が届かない人も多いのが現状です。

住宅ローンの借り換え・繰り延べ・繰り上げ返済、もしくは売却。

早期決断・早期着手が良い結果を生み出します。

任意売却 大阪相談室 お問い合わせ

苦しい住宅ローンや差押・競売を支援します
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
➿フリーダイヤル 0120-721-520
通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00 ~ 20:00(土日・祝日対応)
✉メール相談は24時間受付中!

住宅ローン 借り換え好機

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

メリットの大きい住宅ローンの借り換えですが、現実には利用者はまだまだ少ない様子。

返済困難になった相談者にお聞きしても、多くの方が借り換え経験者ではありません。

借り換えには銀行審査がありますから、審査が通りやすい状況にあることも重要なポイント。

返済困難な状況は、収入面などから審査が通りにくい状況とも言えます。

先を見越して事前に行動する事が重要です。

30~40代での住宅ローン返済計画が「老後破産」を招く! 激増する「老後破産」(1)

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

70歳を超えて支払いが続く、30年や35年のローンを組んでいる方が多いのが現状です。

退職金で繰り上げ(一括)返済を行うと、手元の現金が少なくなり、長い老後生活に不安が出てきます。

退職金制度が無くなってしまった企業も多いです。

完済時年齢が何才になるのか、今から考えても決して遅くありません

任意売却 大阪相談室 お問い合わせ

苦しい住宅ローンや差押・競売を支援します
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
➿フリーダイヤル 0120-721-520
通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00 ~ 20:00(土日・祝日対応)
✉メール相談は24時間受付中!

住宅ローンの借り換えに専門家が指摘「大変だがやる価値はある」

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンの借り換えの作業は、金利や条件を調べ、銀行と交渉し、必要書類を揃えて申請を行い、登記費用等の諸費用も必要です。

大変な作業ですが、借り換えを行うことにより返済総額が数百万円減るとなるとどうでしょう。

その金額を現金で返済することを考えると、十分やりがいのある作業と思います。

「疾病保障」 住宅ローンのお得度を吟味

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

ご本人やご家族の病気が原因で住宅ローンが支払えなくなる方もいます。

団体信用生命保険が死亡時以外に適用されるケースは、現実的には困難です。

どのような病状で保険が適用されるか、保険料は金利に付加されるので返済額は増える等、メリット・デメリットを考えてご利用ください。

「住宅ローンの頭金は多いほどよい」説のウソ じつは多様な選択肢がある

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンは返済できる金額を借りる、これが大前提です。

融資審査が通った枠内で、預貯金も多少なりとも残して借入計画を組みましょう。

返済に苦しむ方には、頭金ゼロ円購入や、購入時に預貯金が底をついた方が多いのが現実です。

借り換え時も同じことがいえます。余裕が無いと何かあった時に対応できなくなります。

住宅ローン金利は比較検討すべき?選ぶ前に知っておきたいポイントとは

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

2015/2付け住宅金融支援機構発表によると、借り換え後の金利タイプは「固定期間選択型」40.5%、 「変動型」37.6%、「全期間固定型」21.9%でした。

固定金利か変動金利かの選択は、その時の金利動向や、各々の考え方次第で、正解はないとも言えます。

後悔する選択をしないためにも事前のチェックが必要です。

車や住宅ローンの審査にも影響!侮れないスマホの料金滞納

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

スマホ本体の分割払いもローン支払いです。

延滞すれば信用情報に記録が残り、借り換えを含めた住宅ローン審査に影響を及ぼします。