住宅ローンの借り換えに専門家が指摘「大変だがやる価値はある」

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンの借り換えの作業は、金利や条件を調べ、銀行と交渉し、必要書類を揃えて申請を行い、登記費用等の諸費用も必要です。

大変な作業ですが、借り換えを行うことにより返済総額が数百万円減るとなるとどうでしょう。

その金額を現金で返済することを考えると、十分やりがいのある作業と思います。

「疾病保障」 住宅ローンのお得度を吟味

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

ご本人やご家族の病気が原因で住宅ローンが支払えなくなる方もいます。

団体信用生命保険が死亡時以外に適用されるケースは、現実的には困難です。

どのような病状で保険が適用されるか、保険料は金利に付加されるので返済額は増える等、メリット・デメリットを考えてご利用ください。

「住宅ローンの頭金は多いほどよい」説のウソ じつは多様な選択肢がある

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンは返済できる金額を借りる、これが大前提です。

融資審査が通った枠内で、預貯金も多少なりとも残して借入計画を組みましょう。

返済に苦しむ方には、頭金ゼロ円購入や、購入時に預貯金が底をついた方が多いのが現実です。

借り換え時も同じことがいえます。余裕が無いと何かあった時に対応できなくなります。

住宅ローン金利は比較検討すべき?選ぶ前に知っておきたいポイントとは

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

2015/2付け住宅金融支援機構発表によると、借り換え後の金利タイプは「固定期間選択型」40.5%、 「変動型」37.6%、「全期間固定型」21.9%でした。

固定金利か変動金利かの選択は、その時の金利動向や、各々の考え方次第で、正解はないとも言えます。

後悔する選択をしないためにも事前のチェックが必要です。

車や住宅ローンの審査にも影響!侮れないスマホの料金滞納

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

スマホ本体の分割払いもローン支払いです。

延滞すれば信用情報に記録が残り、借り換えを含めた住宅ローン審査に影響を及ぼします。

ローンを借り換えたい! その前に把握したい4つのこと

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

定年後を考えて住宅ローンの借り換えをする、年金制度に不安がある今、とても重要な視点です。

低金利時代には、繰り上げ返済を行うよりも手持ちの現金は残し、借り換えを優先することがメリットがあると言えます。

本当に今すべき?住宅ローン借り換えのベストタイミングとは

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

ご自身の住宅ローンが固定金利の期間だから借り換えを検討しないのではなく、現在の金利動向によって借り換えを行うかどうかを検討することが重要です。

収入が変化する時期は将来やってきます。

イザという時に慌てないようにすることが大事です。

住宅ローンの実態調査 63.4%が10年以内に借り換え

NinbaiOsaka.com Blog
NinbaiOsaka.com Blog

借り換えた人の63.4%が、10年以内に借り換えています。

関心の有無が、その後の支払いに大きく影響が出ることが予測されます。

年に1~2回でも見直す機会を作りましょう。