CATEGORY

住宅ローンの借り換え

「解決できる本当の任意売却」がAmazonで出版されました

Amazonで任意売却のガイドブック「解決できる本当の任意売却」が出版されました。 住宅ローン返済の問題解決について、分かりやすく解説しています。 住宅ローンの返済に不安を抱えている方は、ぜひお読みください。 解決できる本当の任意売却: 「住宅ローンが払えない」「競売通知がきた」 Kindle版

住宅ローンの返済が厳しくなる前に!借り換えの検討を。

家を購入し住宅ローンの返済が始まってしばらく経つと、返済が予想外に重くのしかかると感じる人は多いです。 新しく家を買うのに合わせて、家具・カーテンや家電製品等を買い揃える人も多いですから、新居の入居時には貯金も乏しい状態です。 また一般に銀行の融資基準は年間の税込年収から算出しますが、手取り収入は税込年収よりずっと少額です。 本来であれば、住宅ローンを借りれる限度額まで借りるのではなく、手取り収入 […]

低金利の今!住宅ローンの借り換えが急増中。

マイナス金利政策の影響で、主要銀行の住宅ローンの借り換え申込件数は前年同月比で2.5倍、1月と比べると何と4倍も増えました。 住宅ローン借り換え2.5倍 2月主要行、マイナス金利で  :日本経済新聞 https://t.co/lu3v9zgXh6 — ホームローン・コンサルティング (@hl_consulting) 2016年3月3日 住宅ローン金利は過去最低を更新しており、年1%(10年固定)を […]

住宅ローン借り換え 皆はどうしている?

住宅金融支援機構の調べでは、借り換えた理由は「金利が低くなるから」「返済額が少なくなるから」が大多数を占めています。 住宅ローン借り換え 皆はどうしている? #BLOGOS https://t.co/EySUlJS8s1 — 住宅ローン返済のコンサルティング (@hl_consulting) 2015, 12月 28 金利は固定金利より変動金利を選択する人が多いのは、借換理由からも当然と言えるでし […]

司法書士業務「不動産登記」とは(サンプル画像付き)

住宅ローンの借り換えや、返済できなくなり任意売却を行う場合は、不動産登記の変更手続きを伴います。 住宅ローンを借りると、不動産登記の「権利部(乙区)(所有権以外の権利に関する事項)」欄に、債権額(借入額)、債務者(お金を借りた人)、抵当権者(借入した銀行・住宅金融支援機構等)が明記されています。 住宅ローンの借り換えをすると、借りていた銀行の抵当権が抹消され、新たに借り換えた銀行の抵当権が設定され […]

金利差0.3%でも検討!住宅ローン借り換えの目安

住宅ローンを借りながら、借り換えを検討されない方がまだまだいらっしゃいます。 今のローン金利を確認し、住宅金融支援機構のフラット35は借り換え前後の金利差が0.5%、民間ローンは0.3%あれば借り換えのメリットがあります。 フラット35の金利差が大きくないとメリットが出ないのは、民間ローンよりも諸費用を要するからです。 もちろん、フラット35と民間ローンとの借り換えも可能です。 購入時の住宅ローン […]

住宅ローンの選択に変化アリ!? なぜ「全期間固定型」の利用者が「変動型」を上回ったのか?

2015年3~6月の間に住宅ローンを借りた人の金利の選択が、「全期間固定型」が38%になり急増した様子です。 先行きの金利動向はわからないが、とにかく固定型の金利が安ということが決め手とのこと。 5年先、10年先の金利は誰にもわかりません。返済額が一定であれば家計も組みやすいですね。 ただし「変動型」を選択した人が36%あることも事実。 借り換えは諸費用を要するため、そう度々できることではありませ […]

住宅ローン 借り換え好機

メリットの大きい住宅ローンの借り換えですが、現実には利用者はまだまだ少ない様子。 返済困難になった相談者にお聞きしても、多くの方が借り換え経験者ではありません。 借り換えには銀行審査がありますから、審査が通りやすい状況にあることも重要なポイント。 返済困難な状況は、収入面などから審査が通りにくい状況とも言えます。 先を見越して事前に行動する事が重要です。 住宅ローン 借り換え好機 : 読売新聞 h […]