住宅ローン返済ができなくなったら

住宅ローン返済ができなくなったら
借り換えや繰り延べを検討し、また実施しても返済が厳しくなったらどうすれば良いでしょう。

住宅ローン返済が厳しくなる

自宅を所有すると、住宅ローンの返済の他にも固定資産税や、団体信用生命保険・火災保険などの各種保険料、マンションの管理費など諸費用も必要であり、これらの支払いも困難になります。

これら諸費用も支払いを怠ると生活に悪影響を及ぼし、いざというときに保険が適用されず、また将来の売却にも大きな支障を来たすことになります。

残念ながら持家を保持するのは困難です。せっかく購入した我が家ですが、手放すことを考えなければなりません。

家族の幸せのために購入した家ですが、住宅ローン返済のために家族がギスギスし家庭不和になるのは本末転倒と言えるでしょう。

3ヶ月間延滞が続くと、返済を正常に戻すのは極めて困難です。

住宅ローン返済のために他の借金(キャッシング・カードローン等)をすることは避けてください。またたく内に多重債務に陥ります。

多重債務状態になると、破産手続きをする事態になりかねません。

結論を先延ばししても好転する機会はないと、考えを切り替えましょう。むしろ事態が悪化する方が大半です。

返済できなくなった先には

住宅ローンの延滞が重なるとどうなるのでしょう。

延滞後の流れを知ることにより、その後の対処に心構えができ、スムーズな新生活がスタートできることになります。

3ヶ月延滞から銀行の対応は変化します。

厳しい内容の督促状が来て、今後どのように考えているのか尋ねられます。

さらに延滞を重ねて5ヶ月以上となった頃から、現在の分割払いになっているローンを打ち切り、残債務を一括請求する旨、告知を受けます。

その後、内容証明郵便にて残債務の一括請求書が届きます。

これはあなたの信用が無くなったことによる、住宅ローン契約上の措置です。

これを放置しておくと、今度は裁判所から競売開始決定通知書が届きます。

裁判所の競売とは、後日定められた入札期間中に、最も高値の札を入れた人が落札者となり、不動産の所有権はその人に移転します。

その間、所有者であるあなたの都合や事情は一切考慮されません。

落札者へ所有権が移転した後もあなたが住んでいる場合は、裁判所から引渡命令が出て強制的に退去することになります。

競売は、経済的にも精神的にも極めて負担が大きいものです。

あえて競売を選ぶメットは何もありません。むしろ積極的に回避すべき事柄です。

では、競売を回避し選択できる手法はあるのでしょうか。

それが任意売却です。

任意売却とは

任意売却は負担の大きい住宅ローン返済から解放され、残債務が圧縮でき、新生活がスタートできる最善の方法の一つです。

持家を手放すという結果は同じでも、競売と任意売却ではあなたの負担が大きく変わってきます。

No.裁判所の競売任意売却(任売)

価格は中古物件相場の7割程度で安い。価格は一般の中古物件相場並みです。

売却のスケジュールは裁判所が決定し、所有者の都合は考慮しない。一般の中古物件売買と同様に、売主と買主が話し合って引渡しのスケジュールを決めます。
新しい生活の準備も可能です。

新聞の競売情報やインターネット、裁判所の掲示場で告知。
裁判所では物件情報・建物内部の写真を見ることができる。
一般的場中古物件の広告と同様にインターネット・折込チラシ等で広告します。
物件の詳細地図・外観写真・マンション室番号は掲載しません。

競売情報を見た不動産業者が昼夜訪問、チラシを投函していく。売却依頼の専任媒介契約を締結します。
債権者交渉も一切お任せ下さい。

ただし、任意売却を進めるには専門知識が必要です

銀行・保証会社・債権回収会社と交渉し、ファイナンシャル・プランニングと不動産取引の知識・経験が必要になります。

これらの知識・経験を包含しているのが、任意売却を熟知した不動産コンサルティングマスターです。

信用信頼できる不動産コンサルティングマスターへ任意売却を依頼することが、最も重要です。

任意売却の詳しい説明は、ウェブサイト 《任意売却 大阪相談室》 をご参照ください。

《任意売却》専門家による無料相談

任意売却大阪相談室TEL 0120-721-520
通話料無料・携帯電話からもご利用になれます

専門家の無料相談受付中!
ご自宅または当社オフィス、その他ご希望の場所で対面ご相談を承ります。 土・日・祝日や夜間の対面ご相談が可能です。 「対面ご相談」は無料です。お気軽にお申し出ください。



メインメニュー

関連記事

解決できる本当の任意売却

「解決できる本当の任意売却」のサイトがオープンしました

任意売却のガイドブック「解決できる本当の任意売却」のウェブサイトをオープンしました。 本文の一部を読むことができます! 「住宅ローンが払えない」「競売通知が来た」ときの、正しい知識を専門家がお教えします。 住宅ローン返済 …

コメントなし
解決できる本当の任意売却

「解決できる本当の任意売却」がAmazonで出版されました

Amazonで任意売却のガイドブック「解決できる本当の任意売却」が出版されました。 住宅ローン返済の問題解決について、分かりやすく解説しています。 住宅ローンの返済に不安を抱えている方は、ぜひお読みください。 解決できる …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローン完済時に、あなたは何歳になっていますか?

分譲住宅を購入した世帯主の平均年齢は、戸建で39.0歳、マンションで43.3歳になっています。(国土交通省:平成27年度住宅市場動向調査について) 住宅ローンの返済期間は、35年以内かつ完済時の年齢が80歳までですので、 …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

繰り上げ返済はボーナス払い分から?

住宅ローンの返済に毎月返済にプラスしてボーナス払い分もある場合、一部繰り上げ返済をする場合は、どうすればよいでしょう。 繰り上げ返済に手数料が必要になる場合もあり、また毎月とボーナスの返済額の比率もそれぞれ違いますから、 …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

修繕積立金の増額に耐え切れず!適正な大規模修繕工事や修繕積立金の設定とは

分譲マンションでは管理費+修繕積立金の毎月負担は避けられません。 新築分譲時の修繕積立金は低く抑えられているのが実情です。 そのため、築10年以上、特に1回目の大規模修繕工事が終わった頃から、修繕積立金の値上げが必須とな …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

団体信用生命保険は疾病保障特約付が良い?

住宅ローンを組む際に、団体信用生命保険(団信)の加入は欠かすことはできません。 団信は住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害状態になったとき、ローン残金分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができま …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンの返済が厳しくなる前に!借り換えの検討を。

家を購入し住宅ローンの返済が始まってしばらく経つと、返済が予想外に重くのしかかると感じる人は多いです。 新しく家を買うのに合わせて、家具・カーテンや家電製品等を買い揃える人も多いですから、新居の入居時には貯金も乏しい状態 …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

低金利の今!住宅ローンの借り換えが急増中。

マイナス金利政策の影響で、主要銀行の住宅ローンの借り換え申込件数は前年同月比で2.5倍、1月と比べると何と4倍も増えました。 住宅ローン借り換え2.5倍 2月主要行、マイナス金利で  :日本経済新聞 https://t. …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

7割以上の人が住宅ローンを負担に感じています!

長期・高額の住宅ローンが生活するうえで負担に感じるのは当然です。 では、どの程度負担に感じているかを購入した物件種別にまとめています。 非常に負担感がある 少し負担感がある 合 計 分譲マンション 12.4% 62.2% …

コメントなし
NinbaiOsaka.com Blog

離婚は決めた!住宅ローンはどうなる!?、別れる前に確認を

日本では3組のうち1組が離婚するそうで、大阪府は離婚率の高い都道府県の第3位とのことです。離婚は決して他人事ではありません。 家を買うときは離婚なんて想像もつかないかもしれませんが、住宅ローンを滞納する根本的な原因は「離 …

コメントなし

任意売却 大阪相談室 お問い合わせ

苦しい住宅ローンや差押・競売を支援します
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
➿フリーダイヤル 0120-721-520
通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00 ~ 20:00(土日・祝日対応)
✉メール相談は24時間受付中!