これからの下流老人とは、定年後も延々住宅ローンが残る人

NinbaiOsaka.com Blog

定年の年齢は60~65歳、但しその前に役職定年の制度を設けている企業も多くあります。

退職給付制度がある企業は75.5%で4社に1社は退職金がなく、退職金がない企業は年々増えています。

老後の生活を迎えてから住宅ローンが返済できなくなると、非常に厳しい事態に陥ります。

働くことができる年代であれば、経済的に再生できるチャンスもありますが、高齢者が再生するのは極めて困難でしょう。

定年後も住宅ローンの返済を続けることは、大変危険です。

定年後は収入が大きく減じる分、収支計画に柔軟性がなくなり、不測の事態に対応できなくなります。

住宅ローン審査が通るうちに繰り上げ返済と借り換えを組み合わせて行うことや、売却も視野に入れるなど、いろいろな方策を検討しましょう。

さくらエステート大阪の任意売却コンサルタント

専門家の無料相談受付中!
ご自宅または当相談室、その他ご希望の場所で対面ご相談を承ります。 土・日・祝日や夜間の対面ご相談が可能です。 「対面ご相談」は無料です。お気軽にお申し出ください。

任意売却 大阪相談室 お問い合わせ

苦しい住宅ローンや差押・競売を支援します
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
➿フリーダイヤル 0120-721-520
通話料無料(携帯電話からもご利用になれます)
受付時間 9:00 ~ 20:00(土日・祝日対応)
✉メール相談は24時間受付中!