CATEGORY

関連ニュース

団体信用生命保険は疾病保障特約付が良い?

住宅ローンを組む際に、団体信用生命保険(団信)の加入は欠かすことはできません。 団信は住宅ローンの債務者が死亡したときや高度障害状態になったとき、ローン残金分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算することができます。 高度障害状態とは次のいずれかの状態になった場合をいいます。 両眼の視力を全く永久に失ったもの 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの 中枢神経系または精神に著しい障害 […]

住宅ローンの返済が厳しくなる前に!借り換えの検討を。

家を購入し住宅ローンの返済が始まってしばらく経つと、返済が予想外に重くのしかかると感じる人は多いです。 新しく家を買うのに合わせて、家具・カーテンや家電製品等を買い揃える人も多いですから、新居の入居時には貯金も乏しい状態です。 また一般に銀行の融資基準は年間の税込年収から算出しますが、手取り収入は税込年収よりずっと少額です。 本来であれば、住宅ローンを借りれる限度額まで借りるのではなく、手取り収入 […]

低金利の今!住宅ローンの借り換えが急増中。

マイナス金利政策の影響で、主要銀行の住宅ローンの借り換え申込件数は前年同月比で2.5倍、1月と比べると何と4倍も増えました。 住宅ローン借り換え2.5倍 2月主要行、マイナス金利で  :日本経済新聞 https://t.co/lu3v9zgXh6 — ホームローン・コンサルティング (@hl_consulting) 2016年3月3日 住宅ローン金利は過去最低を更新しており、年1%(10年固定)を […]

7割以上の人が住宅ローンを負担に感じています!

長期・高額の住宅ローンが生活するうえで負担に感じるのは当然です。 では、どの程度負担に感じているかを購入した物件種別にまとめています。   非常に負担感がある 少し負担感がある 合 計 分譲マンション 12.4% 62.2% 74.6% 分譲戸建て 14.4% 56.0% 70.4% 注文住宅  9.1% 61.6% 70.7% 中古戸建  4.8% 51.3% 56 […]

離婚は決めた!住宅ローンはどうなる!?、別れる前に確認を

日本では3組のうち1組が離婚するそうで、大阪府は離婚率の高い都道府県の第3位とのことです。離婚は決して他人事ではありません。 家を買うときは離婚なんて想像もつかないかもしれませんが、住宅ローンを滞納する根本的な原因は「離婚」というケースは非常に多いです。 夫婦のうちどちらが家を出たか、奥さんが連帯保証人かどうかにより、下表の4つのケースがあります。   家を出たのは奥さん 家を出たのは旦 […]

25階以上の住人の心臓停止、生存率ゼロは本当?

高層階の住人に多い心臓停止死、25階以上は生存率ゼロ(あなたの健康百科) https://t.co/7nvi8RlFTZ #kenko100 kenko100newsより — ホームローン・コンサルティング (@hl_consulting) 2016, 2月 2 カナダの研究グループの調査では、心停止で病院に運ばれた人のうち、生きて退院できた人の割合は、1~2階の住民で4.2%、3階以上の住民では […]

住宅ローン金利、最低続々 審査短縮などで競う:日本経済新聞

住宅ローン金利、最低続々 審査短縮などで競う:日本経済新聞 https://t.co/JSWL4lKvNh — 住宅ローン返済のコンサルティング (@hl_consulting) 2015, 12月 28 長期金利の低下傾向から、住宅ローン金利は過去最低レベルまで下がり、今後も当面この傾向が続きそうです。 銀行間の競争から、金利以外の面での顧客サービスも充実してきています。 借入金利面から見ると、 […]

学校で教えたほうがいいと思うこと

「学校で教えられてないけど、教えたほうがいいと思うことはある?」回答いろいろ : らばQ https://t.co/yaPdP4tp1g — 住宅ローン返済のコンサルティング (@hl_consulting) 2015, 12月 22 「学校で教えられてないけど、教えたほうがいいと思うことはある?」の回答に税金とファイナンスが多いですが、日本でも正にその通りです。 将来、どのような仕事をして、生活 […]

老いに克つ(5)「次世代シニア」1500万人 失業の備え、40代から

2025年にシニア世代の大量失業時代が来る可能性があるとのこと。 1967~74年生まれの40歳代は1500万人で、60歳代になると、働きたいのに職がない人が相当増えるそうです。 会社にしがみつくつもりでも、いらないと言われたり、待遇が希望と伴わなければ自分で解決するしかありません。 60歳前後はまだまだお金がかかります。 住宅ローン返済が終わらない人も多いですし、子供の学費や自分の老後資金など、 […]

必読!住宅ローン控除適用のケーススタディ

住宅ローンを利用して住宅を購入、新築をしたとき、一定の要件を満たせば入居した年から10年間にわたり、所得税の還付を受けることができます。 住宅ローン控除の期間中に、借り換え、繰り延べ等を行った場合は注意が必要です。 一般的に借り換えを行い、新たな住宅ローンの返済期間が10年超であれば適用されます。 期間短縮型の繰り上げ返済を行い、返済期間が10年未満になれば適用を受けることはできません。 必読!住 […]