金利差0.3%でも検討!住宅ローン借り換えの目安

NinbaiOsaka.com Blog

住宅ローンを借りながら、借り換えを検討されない方がまだまだいらっしゃいます。

今のローン金利を確認し、住宅金融支援機構のフラット35は借り換え前後の金利差が0.5%、民間ローンは0.3%あれば借り換えのメリットがあります。

フラット35の金利差が大きくないとメリットが出ないのは、民間ローンよりも諸費用を要するからです。

もちろん、フラット35と民間ローンとの借り換えも可能です。

購入時の住宅ローンは、販売会社や不動産会社の勧めるまま組んだ方も多いです。

長い返済期間の間には、どのような事態が起きるかわかりません

高額・長期間の住宅ローン返済を見直すことは、ライフプランにおいて大変有効な手段です。

ぜひ一度検討をお勧めします。