実勢価格より割安の「競売物件」狙い目の理由と購入時のリスク

NinbaiOsaka.com Blog

競売物件の購入には買い手にマイナス面が大きく、実勢価格より安くなります。

つまり所有者(売り手)から見ると、安く不動産を手放すことになるということです。

安く手放すと、住宅ローンの残債務は多く残ることになり、所有者にとってプラス面はありません。

これが競売より任意売却をお勧めする大きなポイントの一つです。